そこにいるのは誰だ

備忘録と言う奴です。生産性はありません。

あいさつ、定義付け、自己紹介

どうも僕です。今のところ東京の方で大学生などをしています。

長いこと違う名前でTwitterなるものをやっていたわけですけども、心機一転ということで名前を変えてなんか色々やることにしました。

別に名前を変えることに深い意味があるかというとそんなことはなく、砂の城を作っては崩すのが僕のライフワークだからというのが理由でして「なんか散らかってきたな」というのが大意です。一から文脈を作りたくなったのです。

アカウントの使い分けというのがこの世で一番苦手なもんですから多分前のは消します。苦手なので。

この名前で何をするかというと勉強という言葉に集約されます。

自分の意見を整理しきちんと文字にして表すという経験が僕にはあまりなくこれは将来的にマイナスであるなあという漠然とした想いがありまして、恥ずかしがらずに思うところをきちんと文字にする場がほしいという気がしていたのです。

まあ肩の力を抜いて読んでほしいというアレですね。次は自己紹介をします。

自己紹介ですが、概ねTwitterによくいるタイプの人類といった感じです。

記号的な属性としては男、左利き、斜視、ADHD、ポジティブなどが挙げられており、以上の項目で僕を8割ほど説明できます。

つまりありきたりであり、特筆すべき異能などはありません。余ったレゴブロックで組んだ不格好な何かが僕といった感じですね。

自虐的な言葉が並びんでいますが僕は自分をあまり悲観していません。なんとかなるだろというスピリッツ、無根拠な自己肯定感が基本的に

強く存在しており、おそらくそれが僕の良いところなのでしょう。

僕からは以上です。がんばってください。