そこにいるのは誰だ

備忘録と言う奴です。生産性はありません。

運気の話

麻雀をしていると、ごく当たり前のように「流れ」という言葉を耳にします。

つまり「運気の流れ」、好調不調は天運によって左右されているというわけですね。

人によって言うことは色々変わりますが、天運だけではなく人から奪う人運、自力で積み重ねていく地運などがあり、麻雀とはそれらの「流れ」を感じ取りその流れに乗っていく、あるいは流れコントロールしていく競技だ、という考えは実際のところ年配の方を中心に相当根強く存在しています。これは別に麻雀に限った話ではなく、「運命論」というものは世界のあらゆる場所で見かける考え方ですよね。

個人的な考えとしては、「『天運』はないけど卓上での調子の『流れ』は存在するかもしれない」という感じですね。

天から与えられる運に偏りなど存在しません。んなわけないでしょ。今2017年だぞ?2017年にiPhone8で天鳳しながら「流れが~」とか言っているやつは頭がおかしくなってるんじゃないんですか?小学校のころのサイコロの問題で流れとか出てこなかったでしょうが。

 

しかしながら、天から与えられる運の流れはなくても、人間の好調不調の「流れ」は確かに存在する、と思っています。

調子のいいときは視野も広いし勢いもあるから決断がスパッとできる、逆に不調のときは視野は狭くなるし打法に一貫性がないせいでお話にならない。

こういうことは間違いなくあることだと思います。

他人からズバズバあがられたらイライラして調子を崩す事だってある、そういう意味でなら間違いなく「流れ」は存在するんですよね。

必要なのは不調時にもいつもどおりに打てる忍耐力だと思います。

それがないから弱いんですけどね。

だけどガチャはよくわかんない、あれは何かよくわからない何かが作用しているんじゃないのか?